よろず支援拠点とは

  • Home
  • » よろず支援拠点とは

よろず支援拠点とは

 経済産業省により、平成26年度から、各都道府県に1ヶ所ずつ、地域の支援機関と連携しながら、中小企業・小規模事業者が抱える様々な経営相談に対応する「よろず支援拠点」が設置されています。福島県には郡山事務所と福島オフィスがあります。

概要

 よろず支援拠点の主な役割は、中小企業・小規模事業者の起業から安定、承継までの各段階のニーズに応じて、①既存の支援機関だけでは十分に解決できない経営相談に対する「総合的・先進的経営アドバイス」、②事業者の相談に応じた「適切なチームの編成」、③案件に応じた「的確な支援機関等の紹介」といったきめ細かな対応を行うことです。

ポイント

- 総合的・先進的アドバイス

 中小企業、小規模事業者の成長を支援するため、売上・販路拡大、経営改善など様々な経営課題を分析し、解決策を一緒に考え、課題の解決を目指します。商工会議所、商工会、金融機関など他の支援機関と連携しフォローアップも行います。

- チームの編成を通じた支援

 事業者の課題に応じて、複数の支援機関・専門家がチームを組んで支援します。

- ワンストップサービス

 どこに相談したらいいか分からない中小企業、小規模事業者のみなさんの相談窓口として広く相談に応じ、相談内容に応じて適切な支援が受けられる機関へ橋渡しします。

支援体制

 チーフコーディネーターを中心とした各種専門家による体制で支援を行います。

ご相談から支援までのながれ

ご支援までのながれ

ご支援までのながれ

※まずはお気軽にお問合せください。

・ご相談は無料です。(予約制・回数制限なし)

・ご利用にあたっては、事前にご相談内容をお申込みフォーム(経営相談申込(受付)票)またはお電話にてお伝えいただき、ご相談日時をご予約ください。
・経営相談申込(受付)票は、恐れいりますがホームページよりダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえメールかファックスにてお送りください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先

rss2.0